スポンサードリンク

リフォームの手順1(プランニングと情報収集)

  1. リフォームの目的を決める
  2. 情報を集める

リフォームの目的を決める

リフォームを行う時、何故リフォームをする必要があるのかという目的を明確にする必要があります。目的をはっきりさせずにリフォームを行うと 業者の判断に任せる細部の作業が曖昧なものになってしまいます。

人によってリフォームの目的は様々ですが例えばお年寄りと同居する目的のリフォームなら安全な家づくりということを業者にはっきりと伝えることで 良い提案が生まれてくるかもしれません。

一時的な気分や見た目だけのデザイン性だけにひかれてリフォームをしてしまうと後で後悔することになりそうです。 将来の暮らしを見据えて快適なリフォームプランをたてましょう。

情報を集める

マンションリフォームを考えている場合は同じマンション内でリフォームを経験した人に教えてもらうととても役立ちます。 一口にリフォーム業者と言ってもその営業形態は様々です。

リフォーム専門業者は総合的に請け負ってくれますが工務店からリフォーム業に業種を変えただけの会社もあるようです。 元は何を扱っていた会社か事前に調べておいた方が良さそうです。

地域密着型の工務店は何かと融通が利きそうですが、古くからのお店の場合は最新の素材を扱えなかったり、デザイン性が劣ったり、 どんなことができるのか技術的なチェックも必要です。

設計事務所は最近利用者が増えているようです。事務所を通して施工会社に依頼をしてくれるので、中立の立場でアドバイスを受けることが出来ます。

建築会社はデザイン性が高く、少々割高になりますがアフターフォローも万全です。どこに発注するのがいいかは業者さんの特徴によって選ぶことをおすすめします。

Copyright (C) 2007 リフォーム一年生. All Rights Reserved.