スポンサードリンク

マンションリフォーム

  1. マンションリフォームをする前に
  2. ご近所さんに挨拶を忘れずに!

マンションリフォームをする前に

マンション住まいでリフォームを考える場合、事前にクリアにしておかなければならないことがあります。 まずは自分が住んでいる部屋がリフォームが可能であるかを調べないといけません。

マンションはマンション所有者が全員で共同所有している共有部分と個人が所有するスペースである専有部分があるので リフォームしたい場所が個人所有の専有部分でないと出来ません。

自分の住んでいる部屋全てが専有部分というわけでもなく、エントランスや外壁、階段、共用配管、バルコニー、サッシなどは共有部分にあたるので 注意が必要になります。こういった部分が古くなって痛んできた場合の補修はマンションの管理組合の許可が必要になります。

一般的には専有部分にある間仕切り壁は全てとることができ、部屋を広げたり、思い通りの間取りにすることが出来ます。 しかし、間仕切り壁にコンクリートを使用しているマンションなどは耐震の問題から、間取りのプランには制約がでてきます。

また、マンションの室内には排水管なども上下階を貫通していることもあり、水回りの移設には制約がでてきます。

共有部分であっても管理組合の承認があるとリフォーム出来る場合がありますが、管理組合による床材の使用制限など細かい制約があることが多く、 よく管理組合と相談し、どこまでが改修可能かを確認する必要があります。

ご近所さんに挨拶を忘れずに!

共同住宅であるマンションではご近所への気配りをすることは常識です。騒音がしたり、工事車両の出入りなどで迷惑をかけることになってしまいます。 両隣、上下階はもちろん、ななめ隣にあたる住民にも、一言「リフォームを始めます」という挨拶をしておいたほうが無難です。

なるべく休日の工事は避けて、平日の昼間などに設定するようにしましょう。

Copyright (C) 2007 リフォーム一年生. All Rights Reserved.